mamikoyoga.com

レポ④ 天空星空☆リトリート in木曽 【朝のSunrise yoga】

リトリート2日目は6時起床!(地元産ワイン一升瓶で、とか、赤白ロゼ各1本ずつ用意して、とか、屋根裏でキャンドル灯して飲んでたりとか、夜更かし、とかしてないから。大丈夫です(笑))
みんなきっちりお部屋で支度してきて、時間通りに出発。
彼と二人で参加してるの!なんて方は、彼だけ先に観光地への写真を撮りに出かけていたり、
そのあたりはとてもフレキシブル。参加、するしない、もとっても自由です。
ちなみに今回の彼はここから車で小一時間ほどのところにある「妻籠宿」や「馬籠宿」へ
朝4時に出発しておりました。すごいパワフル!でも朝焼けの古い町並み(旅籠)はほんとキレイだと思う。今度私も早朝をねらって行ってみよ~、っと思う次第でした。

そして、即、お宿の裏山をてくてく上ること20分。

184

ちょうど山道を整備してもらった後でしたので、歩きやすさこの上なし。

IMG_02031

(左から右へ)御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰 その山並みの下、霧に沈むのは木曽町付近

頬を包むひんやりとした水分の感触、
樹の匂いと、それ以外の土や、太陽や、あとはなんだろう、
たとえば夜の間静かに森を照らしていた月の光の匂いみたいなものでしょうか、
そんな目に見えない、日頃普通に毎日を過ごしていると、意識することもないそんな小さな「生」の気配、「地球」の気配が体の周りすべてを包み込んでるような朝の山歩き…

樹々に囲まれて、自分の呼吸の音に耳を傾けます

樹々に囲まれて、自分の呼吸の音に耳を傾けます

少しずつ山間から太陽の光が徐々に差し込み始め、
その太陽を見ながら、スリヤナマスカーラ…
これこそ本当の「太陽礼拝」。

山の上、雲の上、そして戻ってくる場所は自分の心。

山の上、雲の上、そして戻ってくる場所は自分の心。

頭の中が少しずつクリアになってきて、雑多なことがすこし整理されて「どうにかなるよね♪」なんて気になる、朝の時間でした。

朝ヨガの山から下りて…腹ペコの顔、すっきりな顔。これから朝ごはんです!

おまけ、に続く…