mamikoyoga.com

みなさんの声から〜呼吸について

呼吸の弱さ、浅さをどうにかしたい…
みなさんの声2019版」で多い悩みです。
でも浅いから、弱いから、強さ、深さを知ることができると私は考えています。
 
 
呼吸に、そう、気づくことが大事です。
だから浅いも深いも、両方に気づいてあげればいいんじゃないかな。
いい呼吸、悪い呼吸なんてありません。
1日の中で今どんな呼吸をしているのか、
あぁ、肩でふぅ〜って吐いてるなあぁ、
呼吸なんてしてたっけなあぁ、
しみるなぁ、
今日もいちにちよかったなぁ、
ほぉ〜〜〜って呼吸してるなぁとか。 
 
 
ちょっと見方を変えてみましょう。
宇多田ヒカルの「初恋」って曲があります。
あの「うるさいほどに高鳴る胸が」の場合、ほとんど呼吸なしです。
ほんと辛いんだよね、体自体も。
ほら、常に酸欠だから判断力に欠いちゃったりして
頭がぼーっととか、あながち大げさな表現ではない、現実にそうなる。
だって呼吸浅いんだもの。 

まぁ、またそれも恋なんだけど、
一生のうち何回もないことだから、我慢するか、って感じでしょうか。
っていうか、そもそも渦中にいたらそのこと自体にも気づかないし、
もしも気づいてたらそれは終わりに近づいてるってことだよね。
あの歌、始まりでもあり終わりでもある歌詞だものね。 


なんてあぁ、ヨギーニって冷たい。観察しすぎ、
なんて、思ったりして。ね。 


でもね、それ自体がもしかしたら、
揺るがない自分本来の姿かも。
呼吸が浅いときのほうが、作っていない、ほんとうの自分。
あーらあら。また迷路。ううん、きっとそれが真実。

水族館巡りは続きます
先日は「上越市民水族館うみがたり」リニューアルした去年は最寄りのインターまで渋滞する混雑さと聞いていましたが、冬になったので落ち着いていました。お気に入りビューポイントもしっかり見つけ、そこでまったり。
art of dolphin
(水中ドルフィンパフォーマンス)

こんなにイルカと仲のいいトレーナーを見るのは初めてです。
冬季限定ショーですのでお早めに。
ドルフィンパフォーマンスが終わった後でも
トレーナーとイルカの会話と遊びは続いてました。私は惚れ惚れしてずっとみていました。