mamikoyoga.com

白馬マウンテンバイククラブ、走り納め。

南信には子どもが「マウンテンバイクで走って遊べるコース」がありません。
なので、自宅の裏山で息子は引っ越し当初2016年から走ってきました。
毎日毎日、体中傷だらけになって山を下り、でももっと走りたくなって(ついに私も走りたくなって!)他に練習できるところを探しました。そこで2018年から参加し始めた「白馬マウンテンバイククラブ(以下HMBC)」。先週が今期最後のレースイベントでした。

白馬のプロマウンテンバイクレーサー平林安里(SPECIALIZED)選手と一緒に3時間耐久レースというものでして、なんとこれがまたもう、楽しくてしょうがない耐久レース!!一周ごとにカウント、そこにボーナスポイントや景品がついてくる、という「ご褒美」満載のレースなんです。なので長距離はいやぁ〜という子も、もちろん大人も、とっても真剣に走ってしまうレースなんです。

息子も私も、それぞれのペアと楽しみながら走り倒しました!!数人で山を走ってるよりは(友達にもちらほらMTB買う子も増えてきましたが…まだ全力で走るってとこまではいかないらしいしダウンヒル走れる子がいない)、白馬HMBCのみんなとガーっと走ってるのが楽しすぎると。寝ても覚めてもMTBのことばかりで、もう笑っちゃうくらい。

南信は、まだまだ大人だけのコースばかり。危険を伴うスポーツなので当然ではあるのですが、でもでも、親も子も一緒になって走れるような仕組みがもっと広まってもいいよなぁ、と思うのです。長野なんて、もう、走るのにはとてもいいところだらけなのですから。

私も、ヨガを、それもアシュタンガヨガという強めのヨガをやってるからこそ、40半ばにさしかかろうとする今、他に何もトレーニングしていないのに走ることが出来ていると実感する日々。結構、怪我による古傷も抱えてるのにねぇ、よく動いてくてくれている体だなぁと、自分でびっくりしてます。さあ、これからも、走れる母、目指して行きたいと思う次第です。頑張りまーす!!


息子にとって憧れの安里選手!!


ペアが走ってる合間に、そっちはどうよ?と二人で話す時間もあって。