mamikoyoga.com

ブログ

今週の香り

コンセプトそのままのアロマオイルを見つけました

Sora,Mizu,Kazeの3種類
今週はSoraを使っています

ヒノキをほんの少し、柑橘の爽やかさが青い空を思い出させます

イメージしよう、見えないもの、見えるもの、感じる全てを。

———————————————————————
☆ほぼ毎日、マミコヨガ 。予約はこちら———————————————————————


SORA〜Relaxin’

名古屋港水族館

年末からずっと読んでる漫画の影響で
もともとの海好きが刺激されて、最近時間があると水族館に。

東京近辺から北陸は結構いったことがあって
サメなら大洗、で行ったし
富山にいるときあまりに暇で、魚津にも(ここは説明がきが食いしん坊な内容で丁寧で愛に溢れているので大好き。昨年のリニューアル前の小さな小さな時代の記憶です)

西は久々です、初の名古屋港水族館。
学生の頃に太地(和歌山県)までひとりでとことこ見に行ったくらい鯨に興味があるので、ここの哺乳類の研究に特化した展示はとても面白く感じました。

鯨は陸から海に戻った哺乳類。
なるほど〜。

イルカと柵越しのシャチが、とても仲良く井戸端会議してました。
ほんとですよ、ヨガクラスの生徒さんにお話ししたらみんな知ってたから、有名なのかしら、あの仲良しさん。長野だとやっぱりこの水族館が一番近いんですね。

関東、北陸では雪だった2月の週末。名古屋は降りませんでしたが、帰りに寄った名古屋在住の義弟夫婦は「こんな寒い日は滅多にない」、と驚く雪空の1日でした。


お話中
一番大きな水槽。シンプルな水槽内でした。
屋外にはショーエリアも。
水族館はこんな港にあるわけです。飛行場とか栄にはよく行くのですが、ここは初めて。この日、すぐ下では潜水夫が作業をしてました。初めて見たので(水中の音声は地上でチェックしているので、そばにいると全てが聞こえる!)大興奮!!

向き合わなくていいんじゃない?2

(前回の続き)ただ、「視線をそらそう」という基準は
「自分が見えている」ことが大前提。
だから「自分をもっと見つめたい」はとてもいいと思う。 

ポイントは「見る」を「観る」にしてみてね。
本質を悟ろうとする、という意味の仏語でもあります。 
視覚から入ってくるもの、ああなりたい、こうなりたい、誰かみたいになりたいああいう形になりたい、から視覚を閉じて、それらの「先入観」を閉じてみる。それ以外の感覚を研ぎ澄ませて、今それをやったら、肌が泡立ちそう(鳥肌たちそう)とかすごくそっちに行きたいんだけど、でもやっぱり結果泣くんだろうな(多分嫌なことになる)とかなんか、匂いが気に入らないとか(場所の匂いって、あるのよね)そういうシンプルで理由のないところに、気を配ってみるの。そうすると観察が深まる。私って、今、どうするべきかが、観えてくる。 

…匂い、といえば。
全然話違うけど私、歯医者さんの消毒くさい匂いが大好きです。
でも私の今通院してる病院は、最新(綺麗?)すぎて、あの独特な匂いがしなくて物足りないのが残念。また定期検診で通い始めたので、毎回歯医者さんに行くのが楽しみです(へ〜ん、って言われるけど好き)。

———————————————————————
☆ほぼ毎日、マミコヨガ 。予約はこちら
———————————————————————


「はじめてのヨガ」毎週水曜9:30-10:30 木曽町文化センター
随時募集中

向き合わなくてもいいんじゃない?

今、ヨガクラスに参加のみんなに
2019の目標を書いてもらってる。

いっぱいある言葉の中に「じぶんをもっとみつめたい」って内容のものがあるのね。わたしがいつも考えてるのは
「向き合いすぎても、突き詰め過ぎちゃって辛いのでは。もともと無いところに、それ求めるのとてもエネルギーが必要でしんどいと思う。すこし焦点をずらすように、遠くから眺めてみてもいいのでは。」ということ。

どうでしょう。視線を緩める、もしくは目を閉じても感じること。理由はなくても感じたこと。それらになるべく重きを置くことにしたいなと思ってる。「あ、もう今離れよう」とか「あ、もうあきらめよう」とか「あ、今進もう」。それが大体の場合で、大体一番いいチョイスだったりする。理由なんて、くそくらえ、です。
———————————————————————
☆ほぼ毎日、マミコヨガ 。予約はこちら
———————————————————————


無いところに新しく加えようとするのは、夏に雪を降らすくらい大変なこと。
相当な覚悟とエネルギーがいる。
こちらは毎週木曜日15:00-16:00、松本市ダンスラボラトリーのクラス
明るくていいスタジオ。随時募集中です。

ダルマカルマそして年明けて

タイトルは、少しずつ言葉の説明も入れて行かなくっちゃな、と
ここ数ヶ月、今までのノートをひっくり返しては新しくまとめ直しているんだけど、
やっぱり逡巡してしまう、ダルマ、カルマについて。
以前もそうだったんだけど、やっぱりいろいろ絡まってきちゃった。
すでに私の解釈はあるのだが、どうしていいのか迷う。
どうアウトプットしていけばいいか?

ボールを投げて壁にぶつかって自分に帰ってくる、っていうシンプルな行為からの結果がカルマ。
そこにジャッジは入れない。
ダルマはその人にとっての「道」。
もしもあなたがあなたのダルマに逆らってしまうと自分自身も傷つくでしょう、と私は先生に教えられた。
それぞれの生き様で変わってくる変容してくる、川の流れのように。
だから一概に「これこれ」とお話しするのを私はとても慎重に扱う。

さて。
はて。

実際私自身も、こういう言葉には弱いんです、
はい、すいません、と逃げちゃいたくなります。

さて、そんなこんなしてたら年明けちゃいました。
いろいろ写真アップしたい事とかあったのに…
冬支度のすんき漬、味噌づくり。
これは月一開催穂高有明の「森ヨガ×ツキイチ糀食堂」に繋がっています。
正月明けの新年会。
これは月一開催伊那のCLAMP「CLAMPヨガ〜アクティブ編」に。 

写真だけじゃかじゃかアップしときます。

11月すんき作り〜木曽

12月 バジルクラブ鈴木さんの元で、皆さんと玄米麹での味噌作り〜安曇野
2019年1月CLAMPそとあそびことはじめ〜伊那市草の音