mamikoyoga.com

ブログ

今週の映画「ぼけますから、よろしくお願いします」

伊那市の赤石商店さんで「ぼけますから、よろしくお願いします」が
上映されていると聞いて、観てきました。
土蔵を改築した、とても珍しい作りの上映場所でした。
ここで観るだけでも、それ自体の経験が色濃く印象に残ってしまうような素晴らしい(instagramにていくつかショットがあります)造りです。

作品に戻りましょう。私はかねてから、家族にアルツハイマー病の診断があるので、その病状の進行が最近とても気になるのと、これからどうなるのかを知りたくて観たいと思っていた作品でした。
(但し不思議なんですが診断からもう10年近く経っていても、ほとんど症状は進んでません。最近、はて、ほんとに病名ついてるのか?と疑問に思って、その当時主治医と話をした父に「本当に疾病名がカルテに書かれた(←ここ大事)のか?それを実際に見たのか?」と聞いても「いやぁ、よく覚えてない〜」という次第…もしかしたら「それと同様の症状」のような説明だった可能性も捨て切れませんので、あまり参考にしないように。でも画像見て、壊死している、とか黒い空洞が、って当時父が話してくれたのは覚えてるから…間違い無いと思うんだけど。)

わかってる、って言っても
やっぱり辛い話でした。

何が辛いって、ぼけていく過程を本人が自覚しているということを周りがいやってほど知るということが辛い。
本人は結果、忘れてしまうんだけど、周りはその日々が嫌ってほど記憶に残る。ぼけたくない、って涙を流しながら恐怖を感じている本人を覚えている。それが辛い。

つくづく。
命を目の前にして
できることはほんとに少ない、と思いました。

ただ、ひれ伏して、祈るのみだ、とも思いました。

そして。
愛してる時には愛してる、って言わなきゃいけないってのも
なるだけ今までもそういう信条で生きてはきましたが、
さらに、さらに、固く心に決めました。

長野県でも各地で上映されています。覚悟する、目で見て知っておく、という事は大事です。いつ大切な家族が、友人が、愛する人が、そして自分がそうなるかわかりませんし、それは生の一部でもあるので、逃れようもないわけです。全部ひっくるめて。




AED

アスリートヨガの講師として、AEDを確実に現場で扱えることが必要なので、
先日受講してきました。

8時間に及ぶ講座と実技。今まで3時間講習や小学校の保護者向けの講習は積極的に参加していたので、疑問点、忘れている点の解消という意味でとても有意義な時間でした。

松本での講座だったんですが、辰野、伊那からの参加である私を含めた人たちは「遠いところからようこそ」的な、「帰るのに大変」的な手厚いお言葉を頂戴し恐縮してしまいました。ありがとう!とともに、移動時間の感じ方が(伊那から現地まで車で1時間20分)地域の方とは違うことに、なんだか歯がゆい思いをします。移住して14年目、やっと慣れてきたのですぐにありがとう、って言えるようにはなったけど…(そもそも地元の広域消防では同内容の講座が年2回しかないからかな、ご苦労様ってことなんですね。) 

驚いたことに、スワヤツサイクル 諏訪湖八ヶ岳自転車活用推進協議会の小口さんご夫妻、辰野町地域おこし協力隊の皆さんと同じ講座を受けてました。お互い色々盛り上げていきましょ〜ぉ!!
帰り着いた頃にはちょうど飲みに行くのにいい時間。子どもは春休みで祖父母の家に泊まりで行ってるので、ここはお待ちかねの大人の時間を。すぐに近所のタップルーム「ina daze brewing」に直行しました!幸せ!

音楽のこと

先日、久々にピアノのコンサートを聴きにいきました。

私は小学校の時に毎年ピティナコンクールに出ていたくらい、
ピアニストになりたいなぁと練習していた子どもでした。
音大に行かない、と決めた時の恩師の残念そうな顔は忘れられません。
ほんとごめんなさい、って今でも思ってます。


飯森マエストロのトークで、19世紀のウィーンの歴史をたどるように
金子三勇士さんのピアノで楽しむプログラムでした。
金子さんのピアノは柔らかさと強さが共存する面白いピアニストでした。
直にピアノの音に浸れるのは本当に落ち着きます。
音楽を教えてくれた母と、あーでもない、こーでもない、と批評し合いながら終わってからお茶して。
いい時間を過ごせました。
  
余談ですが、ここでも演奏されたモーツアルトは私、宇宙人だと思ってます(笑)
モーツァルトの曲は「ほら、この旋律明るい気持ちになるでしょ?ほら、悲しくなるでしょ?」ってまるで聞いてる人間の気持ちを手に取るように、計算し尽くされて作られてる、と感じるんです(アイネクライネなんてまさにそう!)て。
逆にべートーヴェンは空を見上げ、風を感じ、土を嗅ぎ、泣いて、泣いて、でも、どうにかもがいて、でもでもでもっていう人間臭さを感じるんです。

そしてその思いは、会場に展示されていた飯森マエストロの所蔵される直筆の楽譜をみてますます強くなりました。ベートーヴェン、ブラームス、モーツァルトの楽譜の写しが並べられていたのですが、大きく、五線からはみ出して斜め書体でガツガツ書かれているのはベートーヴェン。
女ったらしでいい加減な印象のあるモーツアルトは、意外にもきっちりレタリングされたような音符の書き方。ほら、やっぱり、プログラミングされたんだわ、文字を書くって行為は。だから宇宙人(笑)

———————————————————————
☆ほぼ毎日、マミコヨガ 。予約はこちら
———————————————————————




人が多くてベートーヴェンのは写せませんでした。
第九の楽譜だったのですが参考までに)
パッと見て二人の楽譜、あなたはどんな印象を受けますか?
クラシックのコンサートはいつも音楽好きの母と。いつもの待ち合わせは定番ですが、和光です。春の雰囲気満載で交差点をパッと明るく照らしていました。

クロモジ

先日、みつろうキャンドルを専門とする雑貨屋さん「ワイルドツリー(伊那市)」で
クロモジの蒸留体験をしてきました
 
蒸留して植物から油分を抽出したものが「アロマオイル」です。
そして「クロモジ」は日本の山間部にふんだんに植生する中低木で、枝や葉っぱはいい匂いのする樹木。
その匂いの鮮やかさが印象的らしく、森に入る人は大抵知っています。インドアなきこり夫も知ってたので、見直したくらいです(きこりになるまでは一介のサラリーマン、木の名前すら何も知らなかった。今じゃ植物好きの私より木の名前は知ってます)。
 
生の枝、乾燥させた枝葉のチップ、蒸留したての水、油分、そしてオイルとして商品化されているもの。
新鮮さや濃度によって全く香りが違う発見があって面白かったです。
 
生に近いと、姿形は美しいけど匂いはきつい。
蒸留されてから時間がたてばたつほど(乾燥→蒸留水→時間が経った蒸留水やオイル分)姿形は無くなるけど匂いはまろやかに、濃厚なものになっていきます。
あらあら、まるで人間みたいです。
 
  
さて、冬の間はは土日のクラスが少ない分、ヨガティーチャーとしてのスキルアップのための研修に参加する時期と私の中では決めていますが、3月に入ってさらに様々な動きが活発になっています。
特に所属しているアスリートヨガ、ここではヨガだけでなく各スポーツの専門の講師をお呼びして勉強会を定期的に開かれるんですが、何せ大抵皆さん選手を抱える講師だったり、と、なかなか時間が合わなくて、もしくは急に告知とは違う時間になっていたりして、スケジュールの遣り繰りに頭を悩ませています。まぁ、これもよし。出れないものは出れないし。できる限り「マミコヨガ のどこでもドア(生徒さんに命名してもらった笑)」を発動させて、する〜っとこなしていきたいです。
 
頭から「できない」と決め付けたくない。どこまでもトライしてみたい。
でも昔と違ってそこに空間を挟むことも上手になったかな。
ガツガツしなくなった。できないものはできない。苦しいものは苦しい。
そんな閉じ込めてたネガティブな感情を外にうまく出せるようになりました。だからか疲れないし(疲れたら休む、寝る!)、余裕を持ちながら歩いている気がします。溜め込みながらやる気だけでガツガツしてた20代、30代があるからこその、今。さぁ、春です。進みます、私。

———————————————————————
☆ほぼ毎日、マミコヨガ 。予約はこちら
———————————————————————


アロマオイルの蒸留 「もの」に熱を加え生じた気体(=気化した水分。ここに匂いの成分油分が含まれる)を冷却し、液体である水分に戻すとそこにはその抽出成分のみが含まれてることになる。これが香油成分の抽出法の一つです


みんなでワイワイ。部屋中クロモジの爽やかな柑橘とウッディ系なニュアンスも含む落ち着きのある爽やかな香りで満ちています。

クロモジ これから初夏にかけて緑の丸みのある葉っぱと、わしゃっと房状に広がる黄色い花が咲く季節になります



裏山の散歩道にある森の中のクロモジ。わかるかな?ど真ん中の細い黒っぽい細い木。生徒さんのきこりさんによると、標高によって木肌が黒くなるならない、香りが濃い薄いが変化するそうです。

畑に出る

玉ねぎ。マルチングの間の雑草を手で一つ一つとります。掘り返すくらい深く指を入れるので、いい空気を含んだ土になってるはずです。これは絶対に除草剤とは違う作用。いい土とはいい酸素を含んでいるからです。空気と粒子の層が大事、、、だった、確か、、、(土壌学は万年留年、再受講を四年繰り返した私です、なぜあんなに私できなかったんだろう笑)

ふぁーむしかないさんの玉ねぎの畑で、
幼い苗の間に繁茂してる雑草抜きをお手伝いさせていただきました。

はこべ、ほとけのざ、等々、太陽めがけてびゅんびゅん土の上を這っていました。ここは無農薬で無化学肥料、もちろん除草剤も使わない、ご夫婦が一から始めた農園です。そこがすごい。元農家、でないところが。

午前中もたくさんの人がお手伝いに来ていたそうです。

土は足音を聞いているから、
きっと美味しい玉ねぎが出来上がるに違いありません。
6月上旬に収穫だそうです。

毎日、大地にひれ伏して、ありがたくお互いの命を頂戴する(人も本当に体を張ってる。作物も体を張ってる)。あぁ、これが農業だったな、と忘れていたことを思い出しました。とにかく玉ねぎの甘い香りと土の匂いが気持ちよかった。毎日の天気との戦いもしかり。空の下はあっという間に時間が過ぎていきます。

お手伝い、今後もFBでお知らせがあるかも!。ぜひチェックしてみてね!

ふぁーむしかないさんの真美さん、ザクザクと雑草を取っていきます。


美味しいお野菜をたくさん食べたい!と一から無農薬減農薬農業を始められたご夫婦。そばにいるだけであったかい気持ちになるお二人です。またご一緒したいな。また手伝いに行きます!