mamikoyoga.com

ブログ

目的意識

「走るということには人生の生き方みたいなものがみんな絡まっている」

(引用:灰谷健次郎著 遅れてきたランナー

走る、は、ヨガに置きおきえてもいいなぁ、と思って読んでいます。

「どうしても、正しく、今までの前例通り、これをやらなくちゃいけない」
という目的意識に縛られがちな
もしくは「目的意識がなければ、それ以外のことはやるなんて馬鹿らしい」
となりがちな社会の中で

その「目的意識」に縛られると
実はアーサナを深める(習得、という言葉は使わない。限定されすぎ、それこそすでに目的意識になる)
道のりは、ほんと着実に困難なものになる
という事実を、私はヨガの中の練習で、常に知って行くことになります。
 
 
もう、呆れるくらい、その繰り返し。
それは人生においても、同様の局面に出会うことがあります。
目的意識に縛られるが故に、本来あるべきだったはずの姿から
それて行ってしまうことが多々あります。
また同様にそれは人をも縛って行く。
自分の世界を狭くして行く。
そして、争い(様々な意味合いでの)を生んで行くと思うのです。
 
 
それらは「手放そう」とか「執着」とか
ヨガでは説かれることが多いのですが。
そのワードに、何かが隠されています、確実に。
さあ、それは何か…
 
 
本当にそれを実践し、迷い、共に生徒と進んでいる「師」って
どれだけいるんだろう、とたまに立ち止まることがあります。
「目的意識からの解放」と「執着」、「リリース」。
常に実践するヨガティーチャーで、私はありたいと思うんです。
 
 
私は「無駄なことこそから、自分の生き方を考えたり、変えるきっかけになったり」する
そのプロセスをとても愛する。
昔からもそう、ヨガの練習生である今もそう。
 
 
その「無駄なこと」が
私にとっては「ヨガ」かもしれないなあ、なんて思ってたりしています。
 
 

▶︎(火)は毎週、伊那市総合型地域スポーツクラブでクラスをやってます。
午後クラスのみ伊那市保健センター(山寺)へ3月から場所変更になります。
ご注意を!

▶︎4月からの新規加入をご検討の皆様対象に、体験やってます
GRSC会員の方も、非会員の方もどうぞ。
こちらから

(火)シニア、アシュタンガヨガのいなっせは2月いっぱいまで。3月から近くの「伊那市保健センター」に場所変更となります。なので、見事だった中央アルプスの絶景ともお別れです…!!

 

(火)クラスの場所移転のお知らせ〜

恐怖心

恐怖心、をよく最近見るなぁって。
立て続けにそんな悩みを聞くことがあって
(うん、だから貴方だけじゃないよ、ちょっと重なったので気になって)
 
 
アンガーコントロール(怒りの…)、って今はやっとメジャーになってきたけど
掘り下げていくと、私の場合「恐怖心」にたどり着くことが多い。
 
 
私は「怒鳴る人」がキーポイント。
どんなに好きな人でも、その姿を見たら
全く駄目になる。
これはね、父の記憶からくるもの。
手には出ないけど、口に出るタイプだったので、
幼少期から「音に敏感」だった私は、耐えられなかったんです。
(ここは、自分の息子がどうも「音」で夜泣きしたり、寝なかったりの赤ちゃん期で悩んで、気づいた。「音」に敏感なんだ!って。私も同じだったな、って。)
逆に、それ以外には案外耐性がある。
怒鳴られなきゃ、大抵スルーできる。
だから態度大きく見られやすいんだな、ってよく思う。
 
 
あ、だからって「怒鳴らない」でください。
もう目も見なくなっちゃいますよー
 
 
その、最近よく人から感じる「恐怖心」って
人の心の中の記憶に、共鳴するところがあるんじゃないかな、って思ってる。
 
 
だからね、無理に「恐怖」を感じる方に行かなくてもいいと思うの。
そんな、我慢してそこにたどり着こうとするなんて、
一度しかない人生、もったいないなぁ、と思ったりするわけなんです。
我慢が美徳のこの風土では、ちょっと難しいかもしれないけど…
 
 
我慢すると、眉間(第3の目、とも言いますよね)に力が入る。
次のステージを選び取る直感力が、とても狭くなってくる。
その「力み(りきみ)」は、どうしても周りの人にも浸透していく。
そして同じタイプの人ばかりと、付き合うようになってくる(友を呼ぶのは自分だから)
我慢する前の「自分の素」の姿を忘れちゃうかも。
 
 
流れでそっちに行ってみたけど、
やっぱり私は怖い、
そう思ったら、いつでもやめちゃっていいんだよ。
怖い、って一番の恐怖、だから。
争わなくても、うまくいく道は、もうすでに自分の中にあるはずよ。
 
 

▶︎マミコヨガ、ホームページあります
http://mamikoyoga.com

朝起きたら、うっすら雪化粧。 今日の花はアネモネ。柔らかそうな花びらが大好きなんです。

ぱらぱら。ぱらぱら。星の砂のような、星の雪。

長野って広いな〜ひらのや(飯田市)

長野在住13年目ですが、
それも同じ地域(長野を東西南北で分けたとして)南信にあっても
おそらく3度目くらいの飯田市。

ちょっと用事で出かけついでに
カフェに寄ってみました。名前は「ひらのや」。
何店舗か同じような外食店舗を手がけている方の、一つのお店、みたいです。
だからか?雰囲気の良い、オールレベル対応可!
(ヨガのクラスじゃあるまいし!のランクづけw)のカフェでした。

数種類のランチがあったのと、
パンの種類がいくつかあったので
子どもも楽しみながら選んで。
量も程よく、男の方でも満足できます。
実際、主婦2人、とかご夫婦2人、の2人連れで
話し込んでくつろぐお客さんが多かったです。

そしてテーブル席だけではなく、
座卓に座るようなタイプの席もあったので、
お子さん連れにも入りやすいお店だと思います。
赤ちゃん連れのママ友、ってグループも楽しそうにワイワイしてました。

あと面白かったのは。
古民家のリノベーションぶりが、
ちょうどわかりやすく「ここを剥がしてこれをくっつけたな」
「ここの柱を残して、ここの床板をヒッペ剥がして…」
なんて想像がつきやすい、改築の具合になっているんです。
なので家をいじるのが好きな人は面白いかもしれません。
(写真1)は2階まで吹き抜けになっている様子がちょっと映っています。

にしても長野って広いなぁ。
同じ「南信」でも
自宅からゆうに1時間半くらいかかりました。
伊那や木曽とも違う、さらーっと広い空。

まだまだ訪れ慣れていない街がたくさんあって、
だから長野は飽きない。
またのドライブが楽しみです。

そんな食×ヨガ、をいつも心におくマミコヨガ
3月にもそんなイベントやってます!!

▶︎パンとヨガ会3/12(日)〜松本発美味しい+ヨガ=健やかな日々を

ひらのや
飯田市通り町1丁目12番地
0265-24-856

 

(写真1)

手のひらサイズのデリがサンドされているパンを、 2種類組み合わせてランチにできます。

ミートボールのランチ。サラダの彩りも、食欲をそそります。

カレーのランチ。小さなお鍋にカレー、ふむふむ。半熟卵にカレーって合いますね〜♪

パンとヨガ会〜2月monkava

思えば数年前に不定期で開催していた
「ヨガと夕食会@knowers」が前身になるんでしょうか。

真面目に、真摯に食と向き合う方々と、
同じく真面目に、真摯に体と向き合う私たち。
その二つを暮らす地である「信州、松本」で結ぶ
月一クラスの始まりです。

初回の2月は、
monkava 中島未弥さんとコラボしました。

10時から1時間半は、マミコヨガのヨガクラス。
なかなか一人でとることのできない「瞑想」から始まり、
呼吸と動きを合わせるヨガのプログラム。
ほぼ9割がヨガ経験者(スタジオ、ホット、マミコヨガ…色々なところからありがとう!)
普段とは違う、集中ができた!とありがたいお言葉を皆さんからいただきました。
広い空間と、北アルプスを一望するお部屋のエネルギーと相まって、、なのかな。
絶対場所のパワーってあるんです。

そして、12時前から、
パンの優さんと、ガレットの未弥さんのパワーに溢れるデリの数々を、
そば粉のガレット、地元産の小麦粉のクレープで、
「自分の体の調子に合わせながら」トッピングして行くランチワークショップ。
結構な盛り上がりで、
様子はもう、写真からどうぞ!

お腹いっぱい、胸いっぱい。

特に冬の後半の2月、
滞りがちな毎日の、いい刺激になったでしょうか。

変容して行く自分の姿を、
恐れながらも、面倒がりながらも、大変だけれども「観て」行くということは
結果的に自分のパフォーマンスアップにつながります。
それは体と心のバランスが
あってからこそ。

ガチガチに冷たくなってた心を、体を動かすことで、温かい心へ変容させていき、
自分以外の「人」がつくる心のこもった食で、またその変容した心を体に還元して行く。

来月もまた、
ここでお会いしましょう。
その日まで、また精一杯の毎日を。

みんな、応援してます。

次回は3/14(日)10:00〜13:30
3月 菓子工房〜enn 無添加のおやつ「優しいおやつ、春のシフォン」
予約受付中です(080-5143-2133マミコヨガへ連絡でも予約可能)

 

会場でヨガの間に焼き上げた、もちきび入り全粒粉パン(麹種パン工房〜優)

呑兵衛ポテサラ(合鴨)、優パン・・・

ナッツとキアヌのサラダ、ソース各種〜monkava

 

 

ビュッフェスタイルで、皆様に。

東京から木曽まで、いろいろな場所からお越しいただきました!

みんな、ありがとう。3月もお待ちしています♪(左から:マミコ、優、monkava未弥)

木曽、御嶽海、どすこいクッキー!

今日は水曜日。
毎週恒例の木曽ヨガ「はじめてのヨガ」クラスの日です。

久々にその帰り、馴染みのパン屋さん「ぷるまん」に寄りました。

御嶽海

を型どった「どすこいクッキー」をもう随分前から作っているパン屋さん。
そう、あの長野県出身力士、小結の御嶽海は木曽出身なのです。
このクッキー、表情がみんな違うので、
ずらーっと並べて眺めてたくて、全部欲しくなっちゃう可愛さです。

そして今回はなんとパワーアップ!
金星に合わせて、金箔がプラスされてるではないですか。
ちっちゃな星。
めっちゃ細かい作業なんだろうな〜!

金粉は一回紙に移して、そこから一つ一つ
静電気との戦いなのよ!!
とぷるまんのおばちゃんは楽しそうに!その秘密を教えてくれました。
いっつも明るいおばちゃんです。元気をもらえちゃいます。

…にしても、食べるのに惜しいおやつ、どこから「かぶりつけば」いいのか
途方に暮れています…

▶︎手作りパンと菓子の店 ぷるまん(木曽町 木曽病院前)
0264−24−2345

▶︎木曽町のヨガクラス、月水でやってます
お問い合わせお申し込みはwebか、080−5143−2133へ!

 

 

この籠ごと欲しくなる!

 

ね、みんな違う顔。笑ってたり、強そうだったり、泣きべそかいてたり、迫力満点だったり…

 

で、いつもはこのサンド狙い。たまに無性に食べたくなるぷるまんのおばちゃんオリジナルのサンド!ママヨガランチにも昔、お願いしたことがあったけなぁ。懐かしい!

 

木曽病院の前にあります。お子さんと一緒にゆっくりパンが選べるお店です。誕生日用ケーキもいろんなリクエストに答えてくれるのでいつもここ!

 

おっと!金星発見!