mamikoyoga.com

ブログ

2018ようこそ

俺の手に頭を預けろ
ほら、地球の真ん中にいるんだよ

泣きすぎて自分が水滴になりそうだ

今私は幸せか?だなんて考えていたら鬱になる

恋の痛みを知るということは世界を知ることにつながる

…これはこの5日間で見た映画のセリフの数々。

ーーー

今年は家族が実家に帰り、私だけ長野に残った5日間年末年始でした。
これ幸いに、いつもやれたらいいな、ってことばっかりでスケジュールを立てました

29日お昼から、グリーンスムージークレンズ開始。
そこから3日間は掃除三昧。
その後2日間は映画三昧、好きなラジオ・音楽のみ。

それと同時にテレビ全くなし。

食事はおせち(栗きんとん以外は数品作りました)を好きな器で(ここ大事、自分用に1枚だけ買って来たw)

外に出かけるのも、29,30日の近所での年末年始の買い出しと、31日の木曽への年越しそば打ちのみで
あとは全く。コンビニすら行こうとは思いませんでした。

実は、2017年はとても実りを頂いた沢山の出来事があった、いい1年だったんだけど
それと同じくらいの量で、周りに渦巻く過剰なことば使いや表現がとても気になった1年だったんです。
あんなに好きだった椎名林檎がなんで聴けなくなったのか?もそこに原因があったみたい。彼女の間違った敬語の使い方、二重敬語が2000年前後よりもさらにパワーアップしてるから!そしてその裏に隠された何かが!ってことにもこの年末で思い当たってしまったから笑そりゃ違うかもしれないけど、勝手な私の想像ですけれど、年始にNHKでやっていた彼女のラジオでの喋りを聞いててそこに思いついてしまった…。彼女いつからNHKの広告塔みたいになってしまったんだろう?って思いながらじっくり聴いたのです。とても聴いてくれる人、を考えている人だった。過剰なくらい。)

感情という見えないラインを乗り越えて、相手が私に向かって出してくるそのエネルギー、装おうとする、あるいは隠そうとする、示そうとする…誇示しようとする…?職業柄かなぁ、避けきれないというかまともに受けることが多く感じていて、スルーしてなるべく関わらないように注意はするんだけど、きっとその破片みたいなものが溜まっているのが判っていた。

見なきゃいいんだけど。
見なくても、感情の色は残って行く。

例えば今年はまって見ていた「視覚探偵日暮旅人」のドラマの映像のように。
あの表現は私が感じていたものにとても似ていて、だからとても集中して観てしまった。
もう毎回毎回涙なしには観れない(そんな、感動モノ、じゃなくてジャンルは探偵モノ、なんですけどね…)

それらをできる限りシャットアウトした数日間。
心から命の洗濯って、こういうことを言うんだな、っと思いました。

たまに疲れたら、
テレビ、情報、人に会わない数日間を作り出すといいかもしれない。
このままどっぷり浸ってると、戻れなくなりそう。

さあ、日常よ、ただいま。
ブログアップです

木曽にあるふるさと体験館きそふくしまにて30~31日に開催されていた「年越しそば打ち体験」に行ってきました。打ち自体はもう数えきれないくらいやらせてもらってますが、それも年に1,2回くらいのこと。毎回仕上がりの違いに愕然とします。

おせち、もいつもは義実家の手伝いだけで、結婚以来自分のおせちを作ったことがなかったので。きっと昔は「嫁の分際で自分のおせちなんてとんでもない!」って事なんだとは理解してますが。あまりにも寂しいじゃないですか、それじゃ。って事で。雑煮も東京式。かまぼこと椎茸入れ忘れてますのが、そこはご愛嬌で。

 

家の掃除さえメドがつけば、ヨガの練習も自分のペースで存分に。その間、我が家の犬はこうやって傍のソファで、諦めたように横たわって静かに待っててくれました。おそらくマントラ聞くと「あ、遊んでもらえないのね」って覚えたのでは。

年越しそばは、31日の夕飯、海老の天ぷらが私の生まれ育った習慣です、あ、温かい蕎麦ですよ、東京は。長野は「もりそば(冷たいって事)」ですものね〜。あぁ、なん年ぶりかしら。美味しく年越しそばをいただくのは!(長野は31日からご馳走なので、その締めで食べる年越しそばはそう美味しいものではないのです)

栗きんとんも、松葉に刺したこのアレンジも、子どもの頃見た「おせちレシピ本」に載っていて憧れたものを。好きに盛り付けて。

 

移住の教訓シリーズ:正月あるある長野編

1月1日元旦に、
地区の集まりがあるって
ちらほら何人からか聞くことがあります。

びっくりかな、
元旦は家長を上座に家族が集まり新春の挨拶、と思ってました。

御節の食べ方も違いがあります。
私は東京の父の習慣で育ってきましたが、
長野は随分違うようです。

皆さんのところは
どんな感じなんでしょう?
(注意*長野でも北信・南信でかなり違います)

◆年取り魚…
南信では「鰤」を塩焼きに。
年取り魚という言葉も東京にはないのでは?新巻鮭だと思いますが、実家はマグロの刺身でした。

◆お雑煮…
南信でも木曽のお雑煮は「おおびら」というごった煮です。昆布だしで里芋大根人参白滝…肉なしで(ここは違いがあるかも)炊きます。それに焼きもちといくらをのっけます。それ以外は東京式の澄まし汁(かつおダシの透明汁、焼きもち、みつば、鶏肉)と聞いてます

◆2年参り…
31日深夜から1日にかけての初詣のこと
=呼び方が違うだけ。いつ行っても初詣、でした

◆お節…
長野では31日夕食からご馳走です。
=今までは年越しそばを海老天付きで夕食に頂いてました。私にとっては年に一回食べるか食べないかの贅沢(普段は海老天は高いじゃない?)でした。ちなみに長野では深夜年越しそばをかけかざるで頂きます。

◆豆でくりくりかき取るように…
元旦の朝一で(歯固め、の意があるらしい)、お茶と、豆(黒豆)栗(甘栗)柿(干し柿)を食べます。福を「かき取る」ように、だそうです。
=31日のご馳走とお酒で二日酔いなのに、甘いもの食べなきゃいけないなんて酷だわぁなんて友人もいて笑えます。私はお屠蘇(薬草をみりんもしくはお酒で煮出したもの)と御節なので、そもそも食卓に並ぶものの順番が違って、準備をするのにびっくり仰天しながら、でした。

湿度って60%がベストなの知ってました? 声を枯らしてから湿度を図ることにはまっています。 家中の加湿器を(って1台とアロマっぽいの1台しかない)使っても45しか出ませんけど〜(この湿度計のましたでお湯を沸かして湯気ぼうぼう出したら一瞬60になりました。ってことは…60って現実的じゃないってことだわ!!)

 

年末3日間のグリーンスムージーデトックス(クレンズ)を。回復食のために甘酒を仕込みました。

さ、年末年始の時間を。悔いのないように楽しんでくださいね。1年の始まりを丁寧に過ごせたら(仕事だろうと家だろうと)その後もやはり丁寧なものになると思っています。大掃除、ご挨拶…全てが区切り、新しい明日への儀式だと思っています。

 

ここ10年ほど、夫の実家に元旦に行っては熱を出す(インフルとか)厄介な嫁だったんですが(笑)今年はきちんと自分の家を整え、ここで新年を迎えます。普段できないこともこの際に…はい!兼ねてからはまっていた「ジョジョ」を初めて漫画本で読んでみます!下馬評だと難解だとの噂。ワクワクです♬

お昼ご飯が凍っちゃう、件。

ここ数日、強風と舞う雪三昧の冬。
朝の犬散歩当番である夫は、昼夜の時間が変わる冬至を心待ちにしていましたが、
その変化は数日では数分の動きしかなく、結局日の出は7時前ギリギリ。
真っ暗闇の中、まるで夜の散歩のよう。

冬休みに入り、息子もいることなので、
日の出の後に私と息子で朝散歩してみました。
真冬のトレッキングをするような格好で外に出てみると、
一面眩しいくらいの光の舞。
美しいの一言に尽きます。
田んぼもガリガリ、道もガリガリ。
夫に借りた鋲付きの長靴(山の仕事場で使うようなタイプ)でも
滑りそうで怖かったです。

どれだけ寒いかというと、
その山仕事のお昼用のおにぎりが、凍って食べれないくらい。
(これは夫の相方さんのおにぎり。夫は魔法瓶形式のケースに入れたのでどうにか食べれたそうです)
手は真っ赤になり、外した手袋を再びはめることができない感覚の喪失。
マイナス二桁10度代ってそんな感じ。
…とはいえ、夫の話ではあるのですが、
ウンウン、わかるわかる、と相槌を打てる経験が私にもあります。

昔カヌーのインストラクターをしてた時、
毎年恒例の正月休みを使った四万十川のツアーがありました。
正直、寒くて私はそのツアーが苦手でした。
冬のスポーツは自分ではやらない、
嫌な季節に外になんか出ない、
って決めたのはその時からです。
だって、南国高知とはいえ(まさに途中、南国市ってところを通ります)、
お昼どころじゃない寒さ。
河原に上陸して焚き火をしても凍えが引かない。
そもそも濡れているのと気温が低いので、火がなかなか着かない!
そして濡れたら最後(汗をかいても、川の水をかぶっても)の緊張感。
1日の川下りの行程が終わって、暖気したハイエースに乗り込んだ時の、
あのビニールシートの独特なむわっとした匂いすら天国に思える、ほっとした感じ。
もう今となってはどうやってテントを張って寝たのか、記憶にないのが残念。
本当に覚えてない…それこそSNSなんかなかった時代。
記録はしておくべきですねぇ。

でもその当時の都会での生活から抜け出し、
山の裾野でのこの冬を黙って味わってこそ、
長野の生活がぐるっとひとまとめに繋がる気がするようになりました。
春夏秋冬が一つになる。
どの季節を飛ばしても、それは成り立たない。
冬が厳しいから、夏がある。
やせ我慢でもなく、耐えてるわけでもなく、
淡々と時には文句言いながら、でも美しさに目を細めながら生きていく。

まるで、順を踏んで毎日黙ってゆっくり練習を重ねていく、
そんなヨガのよう。

まだまだ極寒の冬の時間は過ぎていきます。

明日もなるべく暖かさが保てるようなおにぎりを握ろう。
そう心に決めて、寝床に入り、夜を進んで生きます。

///マミコヨガ1月のスケジュール///
予約専用サイトから確認できます
こちら⇨
*火曜日の伊那市GRSCクラス(朝ヨガ、ママヨガ、シニアヨガ、アシュタンガヨガ)は
もうしばらくお待ちください!

考え得る「暖かい格好」をクローゼットから引きずり出して(普段私は風邪ひきそうなくらいの薄着)やっと散歩に出かけられるようになります。

左手に雪雲がまだ居座ってるのがわかります。中央に突き抜ける道はツルッツル。真ん中の黒い雲の向こうは南アルプスが隠れています。

 

聴きたい曲が、年とともに変わる事

椎名林檎が好きで、とても聞き込んでいたし、LIVEにも行ってたし
でも最近聞けなくなってきたんです。
歌詞も、音も、アクが強くって…

じゃあ、邦楽、何聴こうかなって探して、
宇多田ヒカルになりました。
歌詞も、音も、ちょうど心の中にある色んなパーツの隙間を満たしてくれました。

なんでかな、私もう椎名林檎聞けなくなっちゃった、って夫に言ったら
「やっとそのことに気づいたか〜、自意識過剰な唄からやっと脱却できたか…」と一言。
なるほど、と腑に落ちたんんです。
以前なら「むかっ」としてたであろう夫の言葉、素直に納得してしてしまいました。
それに気づいて、自身、私も変わったなぁとしみじみ思ってしまいました。

椎名林檎は「家族」から「自己」を見てる気がする。
宇多田ヒカルは「公」から「自己」を見てる気がする。
多分そういうバックグラウンドが二人それぞれにあったんだろうな。
でも両方ともとても近くて、必要で、仲良し。

あ、でも林檎ちゃん、アルバムは重いけど、シングルはヘビロテ。
大人の掟、なんてもう一字一句納得して聞いてます。

今日はクリスマスイブ。
例年何もしないのですが(ケーキとプレゼントくらい)
今年は子どものリクエストでお泊まり会を企画してみました。
何で遊ぶのかも細かく毎日打ち合わせしたそうで、
一晩中楽しく賑やかに。
長野の子は、冬の間遊ぶ時間がないので(山間部なので下校時には日がくれている)
ちょうど良かったかな。

===
じいしき【自意識】自分がどう受け取られているか、ということを(やたらに)きにする・状態(態度)・「ー過剰」*引用 三省堂 新明解 国語辞典

///マミコヨガ、各種情報はこちら///

お正月休みの、渋滞中、や移動中、レジ待ち中(もうお店どこも混んでますよね)
にささっと情報チェックして見てくださいね!年末年始も更新中です

ホームページ
instagram
LINE nakoujimamikoで検索してくださいね

 

毎週月曜日、10時〜SHUHARIアーユルヨガは託児付きです この日は託児が特別になかったんですが、子どもたちは慣れているので無事クラスを終えることができました。

マミコヨガ犬、只今10ヵ月!氷点下でも元気に散歩しています!

クリスマスは、子どもたちメインで。お皿洗いも任せて、子守りは(笑)犬に任せて。

犬と暮らす〜ラブラドール・9ヶ月オス

随分とご無沙汰の犬ブログです。
前回のブログが8月の6か月だったので、
3か月ぶりです。
 
 
8月は川あそび。
ラブラドールは「水かき」が指の間についていて
泳ぎは上手、と言われますが、初めからそうなわけではないということを知りました。
今年は、岸でヒャンヒャン泣いてる所から、おずおず水に入って対岸に泳ぎつくことがどうにかできるところまで。
 
 
9月は「ワンワン運動会」。白馬のhkuba47で開催された運動会だったのですが、たくさんの犬達と、いろんな競技(何メートル走、とか借り犬競走、とかそりゃまぁもう楽しいの)を楽しみました。
 
 
10月は毒キノコ(おそらく)。散歩の途中にパクッと食べてしまい(後から見たら、ほんのちょびっとだけのような噛み跡)嘔吐、後ろ足虚脱、からの意識混濁(喋れないので、おそらく、そうであろう…)痙攣、という明らかな神経症状で一泊入院。奇しくも退院のその日は台風で大嵐の日だったので、家にあげることになりました。
 
 
おしっこはまだ、お尻下げて(オスはみんな足あげるものだと思ってたけど、パピーはメスと一緒)
おトイレの大きい方は、どうも必ず南東を向いてしゃがんでる気がする(コンパス持って散歩はしてないので、おそらく、です)
 
 
そして、夜間は家にあげるようになってから、
外にある今までの犬小屋を全壊させたというこの犬(何度直しても、昼間外にいるうちに破壊してる…)
どの犬と遊んでも、ずっと絡んで遊べとせがみ、嫌がられているという…。
とてもパワーのある、リーダーっぽい性格が目立ってきました。
 
 
ところで、足あげておしっこするのって
いつからくらいなのかしらん?
 
 
ちなみに9か月は、人間でいう13才にあたります。
子犬だと思ってたのに、もう思春期です。
そして、なんで犬を飼うんだろう、寿命が違うのになんで飼うんだろう、
そんなことを考え続けた数ヶ月でした。
人間以外の命と暮らす、ということは思い通りにいかないことが多いです。
それに、寿命が違うからこそ、生き死にを全て一緒に歩んで行かねばならない。
これは人としての傲慢さを、削り取って行くのにとても有効な「事実」であると
今は感じています。
他の命と生きるということ。
それは私の傲慢さを、たしなめ、反省させる何ものでもない経験であります。
 
…未来に続く…
 
 

 

====12月ももう少し!受付中の特別ヨガクラス====
⌘金曜日だよ!お寺でヨガしよう「竹あかりヨガ」
◾日時 12月8と 22(金) 19:00~20:30
◾場所 松本市波田 盛泉寺
◾料金 ¥2000/ヨガマット、ブランケット付き
◾予約 予約専用サイト、もしくは下記波田まちあかり会までお電話を
◾主催・お申し込み・問い合わせ 波田まちあかり会 090-5558-5833(古田)

7月(5か月) 川遊び中

9月(7か月)わんわん運動会。障害物競走!大人に混ざって息子に出場してもらいました。みんなテントや大きな車で全国から集まってます。

 

わんわん運動会、のリレーで。1か月お兄さんのお友達ジョワ(おなじ黒ラブラドール)と一緒に。いろんな種類の犬がいるでしょ?

10月(8か月)この後、入院という初体験も経験し、その後無事にすくすく育っています。