mamikoyoga.com

ブログ

私の執着、の理由

執着する物事には、
必ず理由があるって考えています。
私が10代から「森」や「山」にこだわるのは。
唯一「家」から離れられる状況だったからだって、ここ数年は確信している。
 
 
父との「価値観の違い」というのに苦しめられた10代。
何をするにも、父の思い通りにできないと、大変な怒りを買う。
さらにその父の考えは私から見て、全く筋が通ってないので
素直に「はい、ごめんなさい」って絶対言えない。
私と父は一番性格が似ていて、だからこそお互い引かないので、
延々と平行線をたどるしかなくて。
もうね、深夜まで話し合っても解決しないの、その食い違いが。
スルーすればいいんだけど、私もしつこいので、理解してもらうまで食らいついちゃう。
反抗というよりは毎日毎日戦う感じ
(暴力じゃなくて、言葉でね。だからいつもどういう論法をとれば
相手を説得、もしくは論破できるのか、ばかり考えていた)。
 
 
高校の部活活動で、山に行くっていえば外出・外泊は許してもらえたから
(それまで友達の家にお泊まり、とかいう小学生の可愛い集まりすらダメだった)。
山に近づけば近づくほど、窮屈な居場所のない思いは忘れられた。
木々を見ていると、限りなく私の心は安らいだ。
 
 
それが山や森に執着する私の理由だった。
 
 
大人になって、家から出れても、結局その執着してるところに留まる限り、
父と似たような人しか私の周りに集まってこない、といろんな経験を経て。
どうにか人生変えなきゃって思った。
そして一度手放した。その執着から離れた(アウトドアの仕事を辞めたあたりの事)。
 
 
そして10年以上経って、また少しずつ戻りつつある。
ちょっとテント引っ張り出したり、
錆びついたバーナーに点火して見たり、
コッヘルは?ヘッドランプは?ってガサゴソ探してる。
 
 
今度は、大丈夫な気がする。
本当にシンプルに山に、森に戻りたい。
 
 
その10年の間に会った人たち、変容した物事、流れた時間が
今はとても私の支えになっているから。
もうその10代の頃親とうまくいかなかったことなんてどうでもいい。
父も母も、それぞれ私はとても今、愛してる。感謝してる。
 
 
理由を見つめられたら、
そこから抜け出せるかも。
今ではもうその理由は、大切な私のアイデンティティを作ってる要素になっているもの。
 

【週末のマミコヨガ2月第4週】

===
23(金) 19:00-20:30 竹あかりヨガ(松本市 波田 盛泉寺)

24(土) 10:00-11:30 手作りコスメ教室〜ローション&乳液(伊那市マミコヨガルーム)

===
🗓上記クラスの予約はそれぞれのリンクへ
メッセンジャーでも受け付けてます♫

ヨガの「半眼」という目線で、手放すことを知りました。理解への第一歩を踏み出せました。練習でいつもその感覚を思い出します。

ちょっと前の大雪。日本海側がすごかった時。長野はちょっとだけ。不思議な一直線の動物の足跡、なんなんだろう?

 

もうこの雪は消えちゃいました。かけらも残ってません。今年の長野、伊那の天気は限りなく穏やかです。

ファットバイクと、筋肉痛の関係

世界一周チャリダー小口良平さん

がガイドする
FATBIKE GUIDE TOUR」が行われる、
モトクロスインターナショナル主催の
FATBIKE TEST RIDE」(FATバイクの試乗会)に行ってきました。

FATバイク

とは、MTBよりふとーいタイヤで、空気圧もゆるーいので、雪道でも走りやすいMTBのことです。

夏の間はよく行った国営アルプスあずみの公園マウンテンバイクパーク。
緑のトンネルだったのに、
カラッとした真っ白な道になっていて、
まぁ冬になったんだな、1年早かったな、なんてしみじみ。

でもやっぱり静かで、
雪の匂いで森は満ちているし、
FATバイクを止めて頭の上を見上げると、枝だけの森はすこーん、と突き抜けるように薄い水色の雪空。
頭も心も、動きが止滅する(ヨガではよくそう言いますね〜)瞬間を堪能してきました。
これがあるから、林道を走るのが私は一番好きなんです。

とはいえ、普段「自転車」に乗らない人には四苦八苦したようで、
女の子は(お友達も誘って行ったのよん)いずれもみんな筋肉痛の恐怖に打ち震えていました。

ありがたいことに…
私は全くダメージがなく(むふふ)、
やはり「下肢を使う運動=体幹」なんだな、と実感。
ぜひ、運動をやる人には、ヨガを勧めなくっちゃと決心(うそうそ笑)

強いて言うなら、
ヨガを普段練習してる人に、オススメです。
自分のバランス感覚を観るために、自転車はとても役に立ちます。
おそらく、ヨガをやる前の自分との変化に大きく気づくはずです。

興味があったら是非。
2018年は私と走ってみませんか??

左から、南極を目指している小口良平さん、楽しいガイドのピッチャー新井さん、西箕輪から参戦の子どもたち、私。

アルプスあずみの公園(大町)は針葉樹の森なので、まぁ明るいこと。若い森なんですよね。広葉樹の幼木が多いです。これからどんな森に育っていくのでしょう。ツアー休憩中の私たちです。

 

2日間のライドツアーはいづれも満員!子どもから大人まで1日中楽しみました!氷点下でも体を動かしているから寒くないのが不思議!ご一緒していただいた数多くの皆さんありがとうございました。

練習始めました、っていう1月

年の初め、というせいもあってか
毎日の練習を続けています、という生徒さんが増えてきました。
とても嬉しいことです。
それは必ず、自分の鍛錬と変化へと繋がります。

例えば海。
1日として同じ表情をしていることはありません。
そばに住んでいた時にも、行くたびに違う顔になっているな、と思ってました。
私の毎日も、まぁ、だいたいそんな感じ。
例えば同じような出来事が、日を変えて起きたとしても、
それに反応する自分の気持ちは、決して一つも同じものはありません。
ぐらぐら、ゆらゆら
あっちに行ったり、こっちに行ったり。

そんな不安定かつ流動的な気持ちに、
錨を下ろす役目として、が、私にとっての毎日のヨガの練習。
体と呼吸を深く通して行くと、ゆらゆらしていた全てが明確になっていきます。
すると今日は何をすべきか、これから私は何を削ぎ落とし何を選び取るのかが判断しやすくなります。
限りある1日だから、悔いなく過ごしたいから、その時間はとても大切なものになってます。

さあ、大いなる旅へ。2月へステップアップジャンプ。
いつでもマミコヨガはみんなをサポートし続けます。

毎週木曜のポコスタクラスに、東京クラス、御嶽山ヨガの生徒さんが「2人旅」の途中に私を思い出して参加してくれました〜!点と点が繋がって線になる瞬間。

いつもはもうふた回りくらい大きい手拭いを使うのですが(通常は汗をかいた時の手の滑り止めや捻るアーサナの時に。私はもっぱら仰向けの類のアーサナの時の背中の下にひきます)このバティックは…小さすぎた…とほほ。

犬と暮らす〜ラブラドール11ヶ月オス

大量の抜け毛が!?ぱたっと治りました。

正月明けから、全体的にごそっと抜けるようになり、
色々調べたり(ネット)聞いたり(犬を飼ってる先輩方)したけど
考えられる要因はいくつか
①冬毛から夏毛へ(大体3月くらいからが多い)
②ストレス(局所的に抜け、地肌が見えるくらいになる)
③毛から成犬の毛へ(これはあまり情報がなかったので未確認情報ではありますが)

まず、食欲に変化はないので②はなし。
見た目、毛の量は変わらず。あんなに抜けるのにどうして見た目が変わらないのか不思議なくらいだから
大丈夫でしょう。

①は心当たりが。
我が家は薪ストーブなので、最高30度近くなる家です。
正月は特別に家に上げてる時間が長かったので、「わーい、もう冬の毛いらないぞ〜」モードに切り替わっちゃったのではないかしら。

そして②ですが、ロッキーは来月でちょうど1歳。
うねうねしてる背中の毛なんですが「幼犬独特の毛ね〜そのうちまっすぐな毛に生え変わるよ〜」とラブ仲間に言われたことがあったので、おそらく①の勘違いと重なっちゃったんじゃないかな。「俺、もう思春期だもんね。」って。

ということで、この二度に渡る寒波、寒そうなので心は痛みましたが、
相手は毛皮(それもダブルコート!カナダ出身の犬種!)着てるし大丈夫と言い聞かせ、
日中は外に出しておいたおかげか、「ぱた」っと抜け毛が終わったんです。
よかった〜。
あぁ、病気とかじゃなくてよかったよかった。

さて、次はそろそろ去勢手術を予定組まなくっちゃです。
(次回に続く)

毛糸の帽子。私のです。 やられました… 見つけた瞬間の顔、いたずら見つかった小さなこどもと変わりなし。絶対犬って言葉がないだけで人の心と通じてる!って思うときがあります。

木曽町温水プール、泳いできました

ヨガ講師で忙しくなってからやめてたプールを
再びはじめました。

もとは仕事がお休みになるとプールに行き、
黙々と泳いでいたタイプ。

月島の都民プールは潜ると暗くて暗くて、引き摺り込まれそうな恐怖感を覚えたこと
池袋の都民プールはとっても最高(なんでかは内緒)一番通ったこと
新習志野は国際大会も開かれるくらいの本格的プール、観客席素敵、よくここも行きました。

今は

木曽町温水プール!!

昔住んでたそばに新しくできた温水プールです。
設備が完璧ですし、トイレ、更衣室、シャワー室、ゆったりとしてて満足最高レベルです。
ジャクジーもあるし、歩くだけの人のコースも完備。
何と言っても水温が最適。室温もあったかい!!
降りしきる雪を見ながら、ゆったり泳いできました。

にしても、眠い。眠い。
プールの後の眠さって、なんか幸せ。

私は水曜日はこの木曽町温水プールのスタジオで11時〜12時、誰でもできる「体改善ヨガ」担当してます。
随時お申し込みできますので、みんなでワイワイ暖かい部屋でヨガを楽しみましょう!
問い合わせはプールまで(0264-24-0360)

以前はステラマッカートニー、今度はユニクロ。知る人ぞ知るマダムにばか売れスイムウェアです。逸品です、胸元のカッティングが素晴らしい!日本人の薄い胸にフィット!!ぜひ〜!!

こんな風に水泳の後はバタンキューとなってみたいな。昼間っから寝てるのは我が家の犬だけです、はい。

 

第1期の募集画像ですが、期間限らず随時募集してます〜!こんな感じの明るいプールです。

毎週水曜日11時から12時はここでヨガ(運動量:少、初心者大歓迎)しましょう^^)

プールの回数券¥480/1回。単発だと¥600です。今週から私のヨガクラスの後に、さっとひと泳ぎ習慣スタートです!!