mamikoyoga.com

犬を育てる、私を育てる〜5ヶ月、社会性vol.1

【黒ラブ・オス・22週目(5ヶ月)】

家に来て2ヶ月半が経ちました。
予防接種も3回分(我が家の場合は10種)が終わり、
ほっと。

しかし、抗体ができるまであと1ヶ月は「他の犬と触れ合わせないでね」と獣医さんに言われました。
えー、まだそんなに!?

そうするといくつか問題が出てくるのです。
それは「社会性をどう育てる?」という問題。

3ヶ月くらいまでは、他の犬や人に触れ合わせて、
という言い分と
予防接種は終わらせないと、飼い主のマナー違反だ
という言い分が
大抵の「子犬の育てかた」的教本には書いてあります。

我が家は「やはり外の世界を小さいうちに知らないと!」で
散歩はきっちり、客人も普通通り、いつもの生活を崩さないよう、心がけるように。

でも、でも、でも。根本的な問題「遊んでくれる犬がいない〜!」ということ。
いないわけじゃないし、地方だからか大型犬が多い。
黒ラブラドール数匹、ゴールデンレトリーバー2匹、雑種、紀州犬…
散歩の時、人間の挨拶はすれど、犬は「抱え込んで」触れないようにしてるし、
一度勇気を持ってすれ違おうと試みたら、「Uターン」して別の道に行っちゃいましたし。

何でしょう?これ、何かの暗黙のルールなんでしょうか??

あとはみんな仕事の関係で、
散歩の時間が合わない、という事情もあるのではありますが、
にしても、もうちょっとみんな仲良くなってもいいんじゃないかしら?

犬同士のふれあい知らないと、遊び方、接し方、
知らないまま成犬になっちゃうのでは?
犬見たら吠えちゃったり、甘噛みの程度がわからなかったり。

たまに感じる「犬を飼う世界」への遠い道のり。
さてはて、これからどうするものか。
乞うご期待くださいね。

\\\7月マミコヨガtopics///

▶️7月のカレンダーはこちら

▶️月と水レギュラークラス キレイになるヨガ・はじめてのヨガ(木曽町)
木曽町文化交流センター、へ場所が変わります。

▶️7/23日 山小屋、山ヨガ、山ランチ(木曽町御嶽山)

▶️7/30日 パンとヨガ会〜幸せ発酵ゴハン(松本市)

(20週目)散歩〜食事、は鉄則。 人の手で混ぜ(主人の匂い)、食べる真似(人間が最初に食べる=立場が上であると示す)をし、その間座って待ってられるように「おすわり」の声をかけて毎日あげるようにしています。まさにその待ってる状態です。たまに「よだれ」が出ます。

(22週目)朝散歩。40分くらいのアップダウンがある道。気温が上がると最後はちょうど舌が出るくらいの目安です。人間よりも前に足が出ないこと、散歩中にトイレを済ますこと、道路に出るときは一旦ストップ。毎日諦めずに声をかけて繰り返して今は8割くらいのでき。