mamikoyoga.com

やおろずの神〜神式の作法について

神社の方のお話を聞く機会がありました。

お正月の初詣の時期になると、
色々な質問が出て来るでしょ?とのことで

例えばその1。
「2礼2拍手1礼」参拝の作法ですが
実は細かく言えば神社によっても違うそうです。
例えば神田明神では鳥居をくぐる時にまず一礼、などが挙げられました。
でもそれは神社全体での作法とも言えるし、
そうとも言えない。してもしなくてもいい。

例えばその2。
神社で「お経」を唱えている人がいると、
注意をしたほうがいいと神社事務所にきた参拝者の方がいたそうです
神社側はお経を唱えた人にも、注意を促しに来た人にも否とは言わなかったそうです。
「お経を唱えるのは間違いではない。参拝の方がそうしたいと思えば、それが一番」だとか。

要は、
神様は「喧嘩しない」とのことです。

日本には八百万の(やおろず、と言いますね)神様がいるんだから
いちいち作法の違いに言及していたら、
今の日本はないですよ、と。

なるほど、ととても感心してしまいました。

もともと狭いわりに、険しい山で囲まれている地域が多いため、
気候や習慣も、地域によってまったく違う日本。
どっちが正しい、間違ってる、
そんな線引きは、必要ないんだと思いたい。
どっちもあり。
大切なのは感じる、したい、と思う「心」。

さすが。
神様に見習わなくっちゃ、と思わされてしまいました。

ちなみに「拝」は、生活の中での「拍手」
「礼」も「おじぎ」とか「お礼」の意味合いと一緒だそうです。

これまでの1年が、これからの1年が、
喜ばしいし、嬉しいから「パン、パン」って拍手する…
そんな気持ちが、素直でストレートで、とってもいいかも。

では、皆さん。
良いお正月を。

長野ヨガ、松本、伊那、木曽、安曇野、東京で活動するヨガインストラクターマミコヨガのブログです

1年の始まり。まだモノクロ。1日1日、彩りを重ねていきます。明るい色も暗い色も、好きな色も、嫌いな色も、全部使ってみたい。そんな希望を胸に。2016/12/31城ヶ島海岸にて。

▶︎1月スケジュール更新しています
*(水)19時半のアシュタンガヨガハーフレッドは
1月4日以外全て満席のため表示されていません。