mamikoyoga.com

ジュースクレンズ日記-第一回目

 

サンシャインジュース恵比寿

始めたきっかけは、原因不明のかゆみ。
乾燥によるものなんだけど、今年は寒さが長い分ちょっとひどい…
そこで内臓を休めて治癒能力を高めよう!と思い立ち、
コールドプレス製法で作られたジュースを用いるある種の絶食療法を試してみました。
詳しくはコチラ

サンシャインジュース

RAINBOW Cleanse
野菜と果物がバランスよく含まれたタイプ

初心者向け
0day:
ピックアップは前日の17時以降という説明書きがあったが、時間の都合で14時過ぎに予約。
恵比寿駅のほど近い場所にあり、雨の中テクテク取りに行く。
まるでピザ宅配屋さんみたいな1畳くらいの間口でびっくり。
そしてうーん、みんな真剣に作業している。
面白い…eat inではないんだからこんなもんかなぁ。
それから夜まで、水と、コーンフレークと、サラダのみ。
ほんとはお粥が理想だと考えていたけれど、長野への移動日で自分で運転しているので、眠気覚ましの役目も果たすそんな間食。というと、手元にあるのがこれしかなかったのです。
砂糖もかかっているタイプだったのでちょっと食傷気味。
1day:
さほど空腹かんじず、そのまんま。
でもすでにダルさと寒さがひどい。
1本目は8時。ここから2時間置きに飲んで行く。午前中は近所の温泉につかってゆっくり過ごす。
3本目までは順調。
デスクワークをこなしながらとなったが、
やはり増してくるダルさと、身体中の冷え。
これ以上なっていうくらい身体中の先端から冷えていく…かちこちに凍っちゃったみたい!
4本目くらいから、飲むのも忘れるくらいダルさがピークになり、飲んでも一気に飲めず2時間かけてちょびちょびと。
仕事も全く進まない。心の感情も波立たなくなり、もう凪ってる状態。
人の「人間ぽさ」っていうのは、良くも悪くも「食べる」ことに影響されいるんだなぁと改めて感じちゃいました。
5本、6本。
味に敏感になって、とってもおいしく。
不思議と食欲はあまりわかず、甘いものや「終わったら何食べよう」などという思いもわかないのが不思議。
夜、一時間半のヨガクラスをこなし、飲み物は白湯のみ。お酒ももちろんなし!
普通に気持ちよく就寝。
1日でこの6本を飲みます。ほんとに美味しい!

1日でこの6本を飲みます。ほんとに美味しい!

2days:
目覚めも、食欲もふつう。
しっかりおなかもすいたので、おかゆから。
家族の食事を作りながらも、やはり固形のものはまだまだ食べずに味見だけ。
昼間のヨガクラスで生徒さんには「お肌がつやつやです!」とほめられにんまり。
夜は初顔合わせの会議があり、緊張したせいか横っ腹が痛くなる。おなかにほとんど何も入っていないからかな。
結局トータルで口にしたのは、おかゆ(鶏肉をだしでとってみました)、パン。
3日目からはもう普通食です。
食欲よりも、だるさと寒さとの戦いでした。
が、体には「温めよう」というチカラがあることを感じ、いたく感心。
冷えに冷えた後は、指先から温かくなっていったのです。
あとは「元気が出た!」感でしょうか…
ダルく思考回路がほぼ停止した分、食べ物をとるごとに、元気が満ち溢れる、そんな感覚だったのです。
覚醒、とも表現する方もいます。
まさにその言葉通りです。
体、というよりは、心と頭がすっきりしたのが、今回の得たもの&知ったもの。
もう少し、自分の体の力を信じてもいいかもね、と思った第一回ジュースクレンズでした。