mamikoyoga.com

・・・and all is coming.という言葉

年明け早々インフルエンザを患ってから、
あまり経験したことのないような筋肉の強張りから、やっと最近普段通りに戻ってきました。
体の変化には敏感なのも、アシュタンギーニ(アシュタンガヨガの練習を続ける人のこと)の特徴の一つとも言われます。

確かに、その通り・・・

普段通りにはもちろん過ごせるのですが、どこか自分のものじゃないような違和感を感じる、この数日でした。

そんないつもと違う出来事が新年から続いたので、ちょっと息切れ気味な私。
予定を調整しながら、少しゆっくり仕事を片付けています。

そんなときふとカレンダーを見ると、やっぱり「新月」なんですよね。
新月=月が見えない=月籠り・・・
内向的な気持ちになったり、いつもより身体の不調を感じやすい時期です。
海にも汐の満ち引きが、月にも満ち欠けがあるように、心にも満ち引きがあるのかもしれません。
じっと満ち始めるのを待つ時期なのかもしれませんね。

待つ・・・ヨガとも通じる、大切な言葉。

99% practice, 1% theory.
Practice, practice, and all is coming.

アシュタンガヨガ創始者のSri K. Pattabhi Jois 氏の言葉を思い出す、そんな時です。

————-
明日、キャンドルの炎の揺らめきを眺めながら、ヨガでリラックスできるクラスを開催します。
どなたでも参加OKです。当日参加もOK、その場合は以下のお申込みか、会場のknowersまでお電話(0263-36-8890)ください。

【title】月夜のキャンドルヨガ#2-新月-
【日時】1/20(火) 19:30~21:00 (19時ドアオープン)
【場所】松本市大手1-3-29 knowers

お申し込みは
★Facebookご利用の方→コチラ
★それ以外の方→コチラ

023