mamikoyoga.com

ファットバイクと、筋肉痛の関係

世界一周チャリダー小口良平さん

がガイドする
FATBIKE GUIDE TOUR」が行われる、
モトクロスインターナショナル主催の
FATBIKE TEST RIDE」(FATバイクの試乗会)に行ってきました。

FATバイク

とは、MTBよりふとーいタイヤで、空気圧もゆるーいので、雪道でも走りやすいMTBのことです。

夏の間はよく行った国営アルプスあずみの公園マウンテンバイクパーク。
緑のトンネルだったのに、
カラッとした真っ白な道になっていて、
まぁ冬になったんだな、1年早かったな、なんてしみじみ。

でもやっぱり静かで、
雪の匂いで森は満ちているし、
FATバイクを止めて頭の上を見上げると、枝だけの森はすこーん、と突き抜けるように薄い水色の雪空。
頭も心も、動きが止滅する(ヨガではよくそう言いますね〜)瞬間を堪能してきました。
これがあるから、林道を走るのが私は一番好きなんです。

とはいえ、普段「自転車」に乗らない人には四苦八苦したようで、
女の子は(お友達も誘って行ったのよん)いずれもみんな筋肉痛の恐怖に打ち震えていました。

ありがたいことに…
私は全くダメージがなく(むふふ)、
やはり「下肢を使う運動=体幹」なんだな、と実感。
ぜひ、運動をやる人には、ヨガを勧めなくっちゃと決心(うそうそ笑)

強いて言うなら、
ヨガを普段練習してる人に、オススメです。
自分のバランス感覚を観るために、自転車はとても役に立ちます。
おそらく、ヨガをやる前の自分との変化に大きく気づくはずです。

興味があったら是非。
2018年は私と走ってみませんか??

左から、南極を目指している小口良平さん、楽しいガイドのピッチャー新井さん、西箕輪から参戦の子どもたち、私。

アルプスあずみの公園(大町)は針葉樹の森なので、まぁ明るいこと。若い森なんですよね。広葉樹の幼木が多いです。これからどんな森に育っていくのでしょう。ツアー休憩中の私たちです。

 

2日間のライドツアーはいづれも満員!子どもから大人まで1日中楽しみました!氷点下でも体を動かしているから寒くないのが不思議!ご一緒していただいた数多くの皆さんありがとうございました。