mamikoyoga.com

運命の敷物

家を建てた二年前から、
初の薪ストーブの前に敷く敷物を探してました。
 
ススなどが落ちて、木の床が黒くなることが多いし、
座って火をぼっとみたり、起こしたり、が多いので
お尻ざわり(座った感触)のいいものがいいな、と思っていました。
 
そこでふと立ち寄ったお店「Rungta
予想外にもここで「これぞ!」という一品を見つけてしまったのです。
ここはグリーンスムージーの師匠、園子さん蝶子さんのところでお知り合いになった
「たべびと」のりえさんつながりで知ったお店でした。
かつ、私の母校の近くで毎日通った道沿いにある。
かつ、台風で古い木が母校構内で倒れた、と聞いて、見に行かねば、と思ってた。
かつ、毎月一回の私の練習日(東京クラス)の週だった
かつ、別件が入ってて本来別の週にしてた10月の東京行き。トラブルでキャンセルになり決行できた
…と色々偶然が重なり。
そういう時っていいことも、悪いことも、何かしら起きるんですよね。

さて、間違いなくその「いいこと」が起きてしまった訳で。
お店の中には好きなものばかり。
居心地も最高。
一つ一つのモノを見るたび触るたび、いろんな想像が広がります。
はやる心を抑えて、インド北部の職人さん(それももうこの織りができる方は一人しかいないとのこと)が織った
手触りがしっかりした、ずっと想像してた通りの敷物を選ぶことに。
きっとこの子、一生私についてくるんだろうな。
見つけられて、嬉しいです。
 
さぁ、早くストーブの日々が始まらないかな。
 

店内。夕暮れ時は特に美しく。また別の時間帯にも来てみたいです。どんな光、どんな色になってるんでしょう?

ランプに目がない私。冒険ぽい匂い、開拓時代ぽい匂いが好き。15少年漂流記とかハックルベリーフィンとか(もうほとんど内容覚えてないけど)、あと大草原の小さな家。が山のくらし、のイメージなんです。

クッションカバーの柄の数々。

荷を解いたら、来ました、早速うちの破壊王。 十分注意しなくちゃ。でも暖炉前にはぴったり。

お店では床に直に開いて見せてもらいました。この大きさは3柄あったんです。左端のに一目惚れ、でして。