mamikoyoga.com

燕、その後。

2ヶ月近く、朝から晩まで一緒に寝起きしていると、
その声だけで、わかるんです。

そう、あの「私が保護しなかった、」燕の幼鳥。
親鳥含め親族なんでしょうか、何十匹もの燕にぐるぐると囲まれ、見守られていた、
羽が生えきらないあの子は、
ついに羽ばたけたようです。

独特なそのピユイ、ピュイという鳴き声で、
テラスで洗濯物を干していた私たち夫婦は
「あーー!!」「間違いない!!」と瞬時に振り返ってしまいました。

これがその、立派な姿。

でも燕です。鳥です。
もしかしたら間違えかもしれない。
でも、きっと。

そんな見守られる、不思議さ。
人はいつどこで、見守られているかわからないものかしらん。

あの幼鳥の巣立ちを待っている鳥が、
親以外にもあんなに沢山いるなんて、思ってもみませんでした。
きっとずっと見てた?
きっとずっと待ってた?
思考も、気持ちもなくて?
それは本能?
それは生きる、ってこと?…
いろいろな思いが逡巡します…

…見守る
=その人のことを考える
=触れなくても
=見えなくても
=全く会える存在じゃなくても
…そして人は、つい、空を見上げる…

そう、その感覚、どこかで頻繁に感じる感覚、だな
一瞬考え込んで、思い出しました。
「寺院」です。
寺を守る鎮守の森、それらの木々は樹高高く保たれている理由の一つに、
神々がそこに集まりやすく、宿りやすくするためだそうです。

定期的に訪れている、そのお寺で、
なんとはなしに感じていたその「何か」
は、人々のそんな「思い」が歴史を重ねてきたその空間だからかもしれません。

何者でもない、何か…

不思議。

ーーーーーー
竹あかりヨガ
〜お寺でヨガ、8/9月のテーマは「瞑想」

8月19日、26日(金)松本市波田盛泉寺

19:00~20:30
¥2000

<予約 >
電話:090-5558-5833(波田まちあかり会古田)
WEB: https://coubic.com/mamikoyoga/135390

あなたの森で、ヨガをしよう〜マミコヨガ

写真だとわからないけど、ちょっとまだ羽がふわふわ、散々ピュイピュイ鳴いてたその声はまさに!!!

 

IMG_4927

月2回の盛泉寺での「竹あかりヨガ」季節によって違う光。いつもとは違う、何か見守られているような空間。