mamikoyoga.com

【最終日】グリーンスムージーリトリート3日目〜vol.1

尊敬する仕事人の一人、
仲里園子さんと山口蝶子さん
嬉しいお誘いを頂いて、

Green Smoothie Cleanse Retreat

のヨガクラスを担当させてもらいました。

1日目のお昼から、グリーンスムージー600~800mlに食事を置き換えるクレンズプログラムです
(1〜2日目の様子はFacebookにて)

3日目ともなると、
むくみはスッキリ。
気分も軽やかなので、
朝も早起き、5時半にみんなで約束。
ヴィラ白浜から降りて目の前にある白浜神社まで朝日を拝みに行ってきました。

img_5952

その後は、7時半から1時間、朝ヨガ。
3回目のヨガになるので、ペースもみんなつかみ、
リラックス度もMAXに。

img_5954 img_5955

8時半にはお部屋に戻り、最後のグリーンスムージーを園子さんと蝶子さんから受け取り、朝ごはん。

14618744_956721921099636_184485366_o

荷物の整理をして、チェックアウト前にローフードミニ講座。7品+ロースイーツという豪華さ、グリーンスムージーで乾杯してリトリートの仕上げを祝いました。

img_5958

14600594_956722314432930_2115575152_o

14618776_980209335424032_340567612_o

手間と時間とお金をかけて(とても現実的ですが)
旅をして、おこもりをする、ということは、
そうしっかりと準備が必要な分、より濃厚な集中した時間になる。
今の毎日をより素敵なものにしたかったり、
今の毎日をもう一歩進めたかったり、
いろんな理由はあると思います。
でも共通するのは「私の、今を、見たい。」
そういう思いのような気がするのです。

私も定期的にヨガリトリートを主催していますが、
そのコンテンツが違うだけで、やっぱり何か同じものを感じるような気がします。

よく私が例えるのはボルタリング。
登ろう、登ろうとして指先ばかりに気を取られていると、
全く進めない。
実は足の指先が、しっかりとホールドを捉えていないと前に進めない。
なんてことでしょう!!
目で見ている手ではなく、
見えない足から全てが始まっていたなんて!
初めてトライした時の感動を、今でも行き来し方に照らし合わすことがあります。

「私は足元を見れている??」

これをヨガではグラウンディングとも言いますし、
毎日の練習にも例えることができるでしょう。
マットを敷き、またここに戻ってくる。

そう、地に足をつける。

その足元を見るために

普段している物事を極力そぎ落として
思考をできる限りシンプルにしていく。

その手段の一つとしてクレンズリトリートという選択もあるのかもしれません。
〜vol2.(10/11upします)へ続く