mamikoyoga.com

地方だって「オシャレ!」でいいじゃん!?

093

地方だって「オシャレ!」でいいじゃん!?
と勇気づけてくれる傑作、発見しました。
まずは「泣ける!広島県」からいろいろ奔走してくれた、東京クラスのTちゃんに心から感謝。
やっと「カンパイ!広島県」までたどり着けたね~!
そう、アンテナショップや都内のコンビニでしか手に入れられないものだったので、
Tちゃんにお願いして入手してもらったのです。お互いちょっとした「広島つながり」があったのもので…。本当にありがとう。広島県出身の母も嬉しがることでしょう!

地方の方に受け入れてもらえるような、デザインを…
とアドバイスを自分のPR(マミコヨガ、のPR)で受けたことがあるんですが、
その視点がどう考えても理解できなくて(先生、すみません。まだ考え中)、
それは、ひとつの原因として、私がそのアドバイスをしてくださった先生と違って
地方⇒都市部進出、という経路をたどっていないからかしら?なんて考えたりもしています。
でもそれこそが「既成概念」なんだろうし、地方と都市が10年前より確実に簡単に行き来できる(3次元=交通にしても、2次元=ネットにしてもすべての次元において※ネットは2次元じゃないと思いますが、わかり易くいうと、です。曖昧ですがお許しを。)そんな時代の変化をたどっている昨今、私はもうそんな概念は「ブレークスルー」する時代だ、と思っていたり、でも違うかなぁ、と思ったり。とっても迷ってました。

そんな時、この「カンパイ!広島県」という地方自治体の無料配布観光広報誌に出会ったのです。

デザインもオシャレ、
県を観光としてとらえた視点もオシャレ。
写真が綺麗。記事が思いの他びっしり、でも読んでいて時間を忘れるくらい。
行ったことがない場所でも、そんなワクワクする感触。
若年層からは「お、広島県なかなか面白いかも?これなら新幹線使って行ってもいいかもなぁ」
従来のおばちゃま、おじちゃま、広島県民層「きゃー、こんなにオシャレに広島県がかわっちゅーぅ。嬉しぃー」
・・・実際に効いた言葉です。

そう、狭い枠の中にいなくたっていい。
地方だから、地方っぽく。
じゃない時代ですね。

地方でも、いいじゃん。って、内外の人か「お!」っと思うPR。そんな実際例だと思っています。

095

母の出身地なので、霧はほんとによく出るのを私は聞いて育っています。要は地元の人には良くある光景でしかない。それをこんな切り取り方できるのは素晴らしい!

もし町でみかけたら、手に取ってご覧くださいませ。
カンパイ!って思うはずです。

 

—————–
▼そんな私「マミコヨガ」の東京クラスはこちらからどうぞ
燕STUDIO(市ヶ谷駅ちかく)アシュタンガヨガ入門
7/1(土) キャンセル待ち

8/1(土)若干残席あります

9/12(土) 予約受付中