mamikoyoga.com

今週の映画「ラッキー」

「パリ、テキサス」の名優ハリー・ディーン・スタントンの最後の出演作品『ラッキー
 
 
孤独と一人は同じじゃない
ハリーの視線が向かうその先の景色にどうしようもなく惹かれて
ちょっと時間を持て余して入った、雪の止んだ後の冷たい感じの、アップリンク渋谷で。
 
 
超満員の静かな小さな映画館で、観る人みんな濡れた傘を持ってひしめき合いながら。
出演者たちの、淡々とした日常の、その合間の間を少しでも逃したくないような気にどんどんなっていき
本当に息を飲んで観ました。
 
 
最後は。
全身が「しん」と、「すん」とするような「終わり」。

実はハリーが昨年9月、亡くなっていたことを知りませんでした。
それで最後の作品がこれなんて、なんて名優なんだろう、プロなんだろうと。
 
 
亡くなる前に、
死ぬのが怖いって悟る映画を撮るのよ?
 
 
そこにはどんな淵があるんだろう
どんな、景色がハリーの目には映っていたんだろう。
 
 
間違いなく、
私たちには地続きで。
でもその先は…
 
 
はい、そこは映画でね、ハリーのセリフをちゃんと聞いていていてね。
 

そしておまけ。久々に煙草の匂いが、嗅ぎたくなりました。